読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惑星ナナコフ ‐イラストエッセイ‐

イラストエッセイです。

【イラストエッセイ】トラウマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

あれは小学1年生のときである

私は図工が好きだった

 

そんな図工の工作の時間

 

 紙に好きな物を描いて箱の上にのせて自分の世界を作ろう! というものだった

 

私のテーマは「島でたくさんの動物とうふふ♪」である

ということで 箱の上にのせるオブジェを作っていく

 

 

女の子を一つ(自分という設定)

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(当時の私の描く人間の輪郭はえげつないものだった)

 

 

あとは、南国のつもりでヤシのような木をいくつか

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、当時描くことの出来た動物をできる限り

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

描いたら絵に沿って切り取る

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

授業はそこまでで終わってしまい 続きは来週の図工の時間になった

 

 

描いたオブジェたちは、先生が保管するとして

クラス全員の作ったものが一つの袋に回収された

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより悲劇が生まれるのだ・・・

 

 

 

次週の図工の時間となった

先週回収されたオブジェを袋から順番に取り出して行く

 

 

自分の番になり、先週大事に描いたみんなを迎える・・・

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしい

 

明らかに足りない

しかし、袋の中にはもう自分の描いたものは残ってないのである。。

 

(おかしいな・・・)

 

一人ざわざわしたまま袋は次の子へ流れていった

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

(なんで女の子と木しかないの・・・!) 

 

 


そこで斜め前にいたAちゃんが目に入る

 

ん・・・?!

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んん??!

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ・・・・・・・! 

 


私の・・・・・!!!ブタさん!

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマさん!!

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコさん!!!

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサギさん!!!!!

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

たち、もろもろが

あやのちゃんの箱の上にセットされているではないか!!!

 

 

 

ま・・・まじかよ

 

こどもながらに青ざめた私はAちゃんの机に出向く・・・

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「Aちゃん、それ、わたしが描いたやつだよね・・・?」

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「・・・返してくれない?」

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

気が小さかった私は それ以上何も言えず泣き寝入りをした・・・

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこともあった

 

私が当時アイロンでやけどをつくってしまったとき・・・

 

画像



 

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ・・・さわらないでって今言ったよね・・・・・・

 

 

写真の整理でクラス写真をみたら

こんな苦いことを思いだしてしまった次第である

 

 

Aちゃん・・・ 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の住む地域は転勤族が多く、

彼女もその後、転校していったためそれっきりである

ポジション的にも顔面的にも非常にスネ夫くさい子であった

(ジャイアン的なMちゃんという子がいたのだ)

 

 

そしてクラス写真を見てこれも思いだした、

私のとなりのYちゃん・・・ 

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細い癖っ毛で肌が黒くて何よりも、ひげが生えていた

このYちゃん、かなり強烈であった

後から転校してきてYちゃんの存在を知らなかった友人が

Yちゃんの写真を見ただけでただものじゃないと感じるぐらいである

 

YちゃんとCちゃんと3人で遊ぶと必ず2人がケンカをした

 

ある日も、Cちゃんの家でYちゃんと3人絵を描いていた

最初は仲良く遊んでいたのだが何かのきっかけですぐケンカになってしまう・・・

 

たちが悪いことにYちゃんはすぐに泣く・・・

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも大声である
あーあ、まただよ・・・といった感じである

 

そして部屋を出てってしまうYちゃん

 

f:id:nanakovsky:20141105232315j:plain

 

やり場のない怒りにCちゃんはYちゃんの描いた絵をごみ箱で踏んづけていた

 

 

f:id:nanakovsky:20141030011710j:plain

 

Yちゃんも転勤して小学校低学年のうちにいなくなっていた

 

 

 

さらにはこの踏み絵氏Cちゃん

f:id:nanakovsky:20141105234315j:plain

 

成長するにつれて男子から特に嫌がられていた・・・

 

なぜなら

 

机の下にハナクソをため込んでいたからである

f:id:nanakovsky:20141106004345j:plain

 

 

恐ろしいことに

掃除の時間、机を運ぶのでわかったのだ・・・

 

f:id:nanakovsky:20141106004404j:plain

 

 

 

 

Cちゃんも中学生活半ばで転校していった

 

 

私の住む地域は転勤族が多かった

 

 

-終-

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20141108152352j:plain