読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惑星ナナコフ ‐イラストエッセイ‐

イラストエッセイです。

【イラストエッセイ】 心細い真夜中に…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

大学時代の話である。

 

 

学部のカリキュラムのため、

語学研修としてアメリカの某州に3週間滞在した

 

 

30人ほどの学部生で現地の大学にお世話になり

大学内の寮でそれはそれは楽しく過ごしたのだが・・・

 

 

プログラムの中に2泊3日のホームステイがあった

 

ほとんどが2人ペアでそれぞれ赴く中、私は1人で行くことになった

 

 

ひとつの部屋に2泊分の荷物を持って集まり

それぞれのホストファミリーが迎えにくるのを待つ

 

 

f:id:nanakovsky:20150529000626j:plain

 

 

 

これまでの2週間、監視の目もなくみんなで好きに

過ごした寮での生活・・・

 

そのギャップにみな緊張し不安を感じていた

 

 

 

 

徐々に人数が減っていき

自然と口数が少なくなる

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150529004046j:plain

 

 

f:id:nanakovsky:20150529004101j:plain

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150528231015j:plain

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150528215833j:plain

 

 

 

 

 

わたしは、最後のほうで名前が呼ばれた

(こうやって待ってるときって大抵最後のほう)

 

 

 わたしがお世話になったホストファミリーは、老夫婦とわんちゃんの

いるお宅だった

 

f:id:nanakovsky:20150521200853j:plain

 

 

穏やかな雰囲気

 

 

自分の家族の話などをしながらおうちへ向かった

 

 

f:id:nanakovsky:20150528221229j:plain

 

 

ご自宅へ到着すると、

ステーキを振舞っていただきとても嬉しかった

 

行きたいところはないかと尋ねられ、

1ドルショップに連れて行ってもらい

 

わんちゃんもかわいく

緊張して過ごしながらも

「ステキなホストファミリーでよかったー!」

と感じていた

 

f:id:nanakovsky:20150522122533j:plain

 

 

 

そして夜・・・

 

 

翌日の予定を一緒にたて、シャワーをお借りし

グッナイして部屋に入りました

 

f:id:nanakovsky:20150521201145j:plain

 

 

 

 

「は~緊張して長い一日だったけど楽しかった~」

 

 

 

 

そして、寝る前にメールをチェック

 

 誰かからきてるかな~

 

f:id:nanakovsky:20150521223811j:plain

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150522022652j:plain

 

 

 

あっお母さんからメールきてる!

なんだろ~

 

f:id:nanakovsky:20150522021635j:plain

 

 

 

ついでにホームステイの報告しよ~

 

f:id:nanakovsky:20150522025344j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150522123248j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150522122552j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150528191539j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150523040448j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150523040458j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150528222047j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150529041306j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「貴様には地獄すらなまぬるい」

 

 

 

 

 

 

 状況をのみ込めず画面を拡大して

何度も読んでみる・・・

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150528222741j:plain

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150529170526j:plain

 

 

 

 

・・・予想外でしばらく言葉の意味を理解できなかった

 

心当たりはまるでないし

前後のメールのやりとりからも繋がりがまったくない

 

 

この一文により、

この広いアメリカにおいて今日初めて会った人の家での物静かな夜という

状況が加味され、

言葉で言い表すことのできない種類の恐怖を感じた

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150523125646j:plain

 

 

 

「何かした?」と返事をするも

母から返事はなかった・・・

 

 

 

その後、無事にホームステイ、そして、残りの研修生活を終え

体重を数キロ増やし私の短いアメリカ生活は終わった

 

 

 

 

 -終- 

 

(帰国後に兄宛のメールを誤って私に送ったと発覚した) 

 

 

 

 

 

f:id:nanakovsky:20150529171433j:plain

noteはじめました

ナナコフスキー (i_am_nanakov)|note